このページではJavaScriptを使用しています。
未来を追求するスガイ化学
HOME » IR情報 » 財務情報(ハイライト)

IR情報

売上高の推移

  • 売上高
  • 売上比率
  • 輸出売上高
  • 売上高全体の輸出高比率
売上について

当社の売上高は各種有機化学品の中間物等の販売が主なものであります。したがって、売上高は当社のユーザーである医薬メーカー、農薬メーカー等の最終製品の販売状況及び新製品の開発状況により少なからず左右される面があり、経営成績及び財政状態に影響があります。

当社は、これらの業績への影響を極力低減するため、関連業界の情報収集と早期の受注確定を目指した営業活動を行っています。また、機能性中間物の新製品開発を積極的に進めるとともに、独自製品の開発にも力を入れております。

なお、農薬中間物の販売については、天候による病害虫等の発生状況による影響もありますが、各種の農薬中間物を製造販売することで業績への影響を極力低減するようにしております。

売上高について(次期の見通し)

当社を取り巻く経営環境は、米国新政権の保護主義政策強化や中国をはじめとする新興国景気への懸念など、依然として不透明な状況が続くものと見込まれます。
このような経営環境の中、生産性の改善、原価率の改善及び採算是正等を図ることにより、安定的に利益計上できる企業体質に転換し、業績向上を目指してまいります。

このような状況の中で、次期の業績予想は次のとおりです。

総売上高は5,500百万円と当事業年度に比べ183百万円の増収となる見込みです。国内売上高は医薬中間物及び界面活性剤は増収となる見込みですが、農薬中間物及び機能性中間物は減収となる見込みです。輸出売上高は農薬中間物は減収となる見込みですが、医薬中間物は増収となる見込みです。
利益面では、営業利益は200百万円(前期比106百万円増)、経常利益は190百万円(前期比99百万円増)、当期純利益は140百万円(前期比33百万円増)を見込んでおります。

部門別売上構成

医薬中間物

医薬中間物

国内は、前年度に導入した新製品の抗菌剤用の受注がなく、大幅に減少しました。輸出は、血圧降下剤用が減少しました。医薬中間物合計は619百万円となり、前年同期に比べ489百万円(44.1%)の大幅な減少となりました。

農薬中間物

農薬中間物

国内は、動物薬用の需要が順調に伸びたこと、稲用殺菌剤用の需要回復及び新製品の除草剤用と殺菌剤用の寄与もあり、大幅に増加しました。輸出は、米国向け除草剤用の市況価格の悪化に伴う減少及び殺虫剤用の需要減により、大幅に減少しました。農薬中間物合計は3,174百万円となり、前年同期に比べ593百万円(23.0%)の増加となりました。

機能性中間物

機能性中間物

国内、輸出共に増加し、機能性中間物合計は975百万円となり、前年同期に比べ145百万円(17.5%)の増加となりました。

 
界面活性剤

界面活性剤

前年同期に比べ16百万円(4.9%)増加の366百万円となりました。

その他中間物他

その他中間物他

前年同期に比べ28百万円(18.6%)増加の181百万円となりました。

営業利益・経常利益・当期純利益の推移

  • 営業利益
  • 経常利益
  • 当期純利益
  • 1株あたり純利益額
経営成績に関する分析(当期の経営成績)

当事業年度におけるわが国経済は、堅調な企業業績や雇用環境の改善により緩やかな回復基調が続いているものの、米国新政権の保護主義政策強化、中国経済の下振れリスク等により、依然、不透明な状況が続いています。

このような状況の中で、国内売上高は、4,538百万円となり、前年同期(3,923百万円)に比べ615百万円(15.7%)の増収となりました。これは、医薬中間物は大幅に減少しましたが、農薬中間物が大幅に増加したことと、機能性中間物も増加したためです。

一方、輸出売上高は、777百万円となり、前年同期(1,098百万円)に比べ320百万円(29.2%)の大幅な減収となりました。これは、農薬中間物が大幅に減少し、医薬中間物も減少したためです。

この結果、総売上高は、5,316百万円となり、前年同期(5,021百万円)に比べ294百万円(5.9%)の増収となりました。輸出比率は14.6%(前年同期21.9%)となりました。

利益につきましては、農薬中間物の在庫処理による損失、原燃料価格の上昇等の影響はありましたが、工場稼動率の復調による製造原価率の改善、固定費の削減等により、営業利益は93百万円(前年同期 営業損失78百万円)となりました。経常利益は90百万円(前年同期 経常損失71百万円)、特別利益で受取保険金56百万円を、特別損失で支払補償金20百万円等を計上し、当期純利益は106百万円(前年同期 当期純損失10百万円)となりました。

資産の推移

  • 総資産
  • 1株あたり純資産額
  • 自己資本比率
資産、負債及び純資産の状況

当事業年度末の総資産は、前事業年度末に比べ119百万円(1.3%)増加の9,656百万円となりました。これは主に、商品及び製品が530百万円減少しましたが、投資有価証券が551百万円、仕掛品が158百万円増加したことによるものです。

負債につきましては、前事業年度末に比べ264百万円(6.0%)減少の4,121百万円となりました。これは主に、買掛金が114百万円増加しましたが、借入金が461百万円減少したことによるものです。

また、純資産は前事業年度末に比べ384百万円(7.5%)増加の5,534百万円となり、自己資本比率は57.3%(前事業年度末54.0%)となりました。